FC2ブログ

自由帖

ARTICLE PAGE

卒業式

今日は、大好きだった4年生たちの卒業式だった。
なついてくれる子が多くて、私も(ずうずうしくも)あたかも自分が4年生であるかのように中に入っていって、仲良くしてもらってた。
彼らがいなくなってしまうのは寂しいけれど、
彼らにはこれから新しい世界が待っているのだから、
門出を温かく見守ってあげられたらと思った。
別れがあるから出会いがあるのだと思うし。

今日は春らしい暖かい日だった。
こういう日は、卒業式でなくても、何かセンチになってしまう。
昔から、春のぽかぽかした陽気に切ない気持ちになることが多い。
普通は秋がそういう季節と思われているみたいだけど。
今日は、晴れ着姿の人たちがいっぱいいて、
余計にセンチになってしまった。
夕方、空を見上げたら、飛行機雲が沢山交錯していた。
みんなそれぞれいろんなところに行くんだなぁと…。

P3230075.jpg


夜はみんなでカラオケへ。
研究室の人たちとカラオケに行くのは、これが2回目。
盛り上がるというよりは、しんみりしたカラオケだったなぁ。
私も歌いました、卒業式とは全く何の関係もないラブソングを。
杏里の「ラストラブ」。
この歌の詩が好きで。
杏里は「三角関係」とか「別れ」といったモチーフがすごく多いのだけど、「ラストラブ」は例外。
恋人へのラブレターみたいなもの。
手短にまとめれば、「あなたのことが好きだから、あなたとの恋を最後の恋にしたいの」という内容。

歌詞も歌詞だが、杏里のあの声に引き込まれてしまう。
あの澄んだ伸びやかな声は、最近の歌手にはいないんじゃないかと思う。
まあ、最近のポップスを知らないから、エラソなことは言えないが。
歌の上手い人はいるけれど、声だけで勝負できる人となると、ちょっと思いつかない。
技術もさることながら、結局は声がきれいかそうじゃないかに
歌手の質は決定付けられると思う。
オペラでも全く同じだ。上手い下手を超えたものがある。

にしても、懐メロっていいよなぁ。
リズムや張り上げる声の「勢い」で歌うんじゃなくて、
純粋に声の美しさ、歌の上手さで聴かせてくれる気がする。

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い