FC2ブログ

自由帖

ARTICLE PAGE

『広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい』

51QDRJ06xRL.jpg

マーケティングというのは、今までのように広告に出して多くの人に見てもらえれば、ひとまず安心、という時代ではない、と一貫して述べている。
作り手の側ではなくて、いまや消費者の方こそ主導権を握っている。
消費者を思い通りに動かそうという魂胆は、もはや時代遅れ。
したがって、「3割くらいは身を捨てて、消費者に委ねよ」と提議する。
情報を与える側、売る側が、計画通りに消費者が動くと考えて戦略を練るのでは、もううまくいかないよ、ということ。

本の大半は、「人を動かすにはどうすればいいか」が論じられている。
「心」=人の気持ち、感情、本音
「技」=メディアやコンテンツの戦略と戦術
「体」=体験、体感 (本書、191頁)

具体的な例とともに分かりやすく書かれているので、マーケティング、広告業界にあまり通じていない人、初心者の人にとっては参考になる点が多いだろう。

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い