FC2ブログ

自由帖

ARTICLE PAGE

小阪裕司『「買いたい!」のスイッチを押す方法』


「買いたい!」のスイッチを押す方法  消費者の心と行動を読み解く (角川oneテーマ21)「買いたい!」のスイッチを押す方法 消費者の心と行動を読み解く (角川oneテーマ21)
(2009/11/10)
小阪 裕司

商品詳細を見る


買い物をしているときに脳では何が起こっているのかが、理論を交えて丁寧に説明してある。具体例があるので、わかりやすい。
ほしい、手に入れたい、手に入れた、という瞬間には、ドーパミンが分泌される。身体が反応している。

この本の大事なポイントとしては、まず、買うという行為が実行に移されるには、二つのハードルがある、ということ。
買いたいか、買いたくないかを判断するハードル、そして買えるか、買えないかを判断するハードルだ。
買いたいと消費者の心と脳を動かすには、売り手はどうすべきか、というのが、この本の趣旨。
客の感性を育てることも、売り手の仕事。というのも、客は商品を買うことで、「未来の自分」を買っているからだという。
そこを見据え、デザインしていくことも、売り手の重要な役割とのこと。

消費者の視点を常に意識した見方。売ればいいってもんじゃないのね。

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い