FC2ブログ

自由帖

ARTICLE PAGE

内田東『ブランド広告』


ブランド広告 (光文社新書)ブランド広告 (光文社新書)
(2002/09)
内田 東

商品詳細を見る


若干古い本にはなるが、メディアでの演出について参考にするために読んだ。
さまざまな広告に関わってきた著者は、非常に明快に、事実例をまじえながら書いているので、全く知らないブランド広告という分野について、少し理解できたように思う。
いかにブランドが大事か。
それを、いかに消費者の立場になって、消費者の心理を理解した上でメディアで見せていくかの心得が強調される。消費者が何を求めているのか、かゆいところに手が届くような広告を!と述べられている。
なるほど。
消費者の側に立って、というとポジティブだけど、言い方を買えれば、どうすれば消費者に関心を抱かせるか、ということであり、突き詰めれば、どうすれば買わせられるか、ということになる。
ブランドの一貫性、ブランドの価値を訴えかける技、言い方一つで印象がらり。つまりカタカナ、横文字でかっこよく(この辺、ちょっと眉唾な気もしなくはない・・・)。
作る側、売る側の手の内を見せてもらえる、というわけだ。
消費者も負けてはいられません、売る側の戦略を見抜かねば!という気持ちになりました。

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い