FC2ブログ

自由帖

ARTICLE PAGE

書く者

Wer schreibt, der bleibt.



「書く者は、残る。」

今日、習った慣用句。

3 Comments

Esche  

ぶち書きんさい!

Publish or perish! 出版しないと消滅する!
確か小田実の『何でも見てやろう』で読んだ記憶がありますが、米国の文学者や文筆家の間では、当時こう言われていたそうです。幾ら書いても人目にふれないとダメなんですね。

帰国されたら、論文、研究ノート、観劇評、書評、会見記、紀行、所感、エッセイ、身辺雑記、、機会を得てどんどん書いて下さい。もちろん日本語で。出来るだけ筆者の顔写真つきで。

2014/11/19 (Wed) 11:57 | EDIT | REPLY |   

オーレンカ  

Escheさん、

今、コメントに気づきました。
レス遅くなって、ごめんなさい!
この独りごちブログ、読んで下さっているのですね。ありがとうございます。

あ〜そうか。いくら書いても、人目に触れないとだめ、そうですよね。
書かれるものは、読まれることを前提としているのですものね。
ぜひ、日本語いろいろと書いていきたいです。

>出来るだけ筆者の顔写真つきで。

あははは〜これはウケました。
売り上げ減るかも笑

2014/11/22 (Sat) 17:02 | EDIT | REPLY |   

オーレンカ  

ちなみに、

Wer schreibt, der bleibt.

の現代版として、

Wer skypt, der bleibt.

というのがあるそうです。笑

2014/11/22 (Sat) 17:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い