FC2ブログ

自由帖

ARTICLE PAGE

パルジファル@ミュンヘン

パルジファル@ミュンヘン

資料として見たことはあった演出だが、
生で見ると、やっぱり違う。
すごい感動があった。
歌手もそろいにそろっていたし。
ライアカーの舞台美術、相変わらずセンスがすばらしい。
だが、決してデザインに走ってはいない。

クンドリーのデノーケがすごい!
演技も歌唱も。
1幕、死んだ白鳥にずっと付き添っている。
動物にまで同情を示す唯一の人間たち。
騎士たちは、白鳥を殺したパルジファルを責めるばかり。
本来、それは動物への同情からきているのかもしれないが、
実際に、動物に対する同情は見えない。

観念の世界なんだ、要するに。

観念だけにしばられて、結局、人生が形骸化してしまった人間たち。

これは、我々にとって、決して彼岸の世界ではないだろう。

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い