FC2ブログ

自由帖

ARTICLE PAGE

ぼー

ぼーっとしてるとほめられた

素直に うれしい

さっき帰宅し 日本からお土産にもらった味噌で

ぞうすいを作って食べて

ぼーっとしていた

そうしたら 外では花火が上がり始めた

今日 ベルリンは壁崩壊から20年を迎えた

歴史が動いた日だ

東西が分断され

その運命に翻弄された人たちは いったいどのくらいいるのだろう

一人ひとりの人生に どれほどの影響を与えたことか

4 Comments

千年松  

そうです、たまには、ぼーっと。

故あって最近やむなくパソコンと寝食をともにしているので息抜きにと思ってこの自由帖ブログを初めから読んでみるとふんふんはあはあから次第にはらはらわくわくしてきて今や息も抜けない面白さ、でもセラピー効果絶大、日々の綴りの奥にあるオーレンカの思想と情念が伝わってきて心が沸き立ちます。

「精神は夢を見ていた。世界はその夢であった。」 ラニヨー

そうです、たまには、ぼーっと。
おはぎちゃんのように、ひだまりで。

2009/11/11 (Wed) 13:49 | EDIT | REPLY |   

オーレンカ  

千年松さん♪

コメントありがとうございます。
こちらのブログは、本当に一人ごちブログで備忘録もかねた、人様には全く役に立たないブログと思っていたのですが、そのようにお褒めいただいて恐縮です。
読んでくださってありがとうございます。
ベルリンとは関係ない記事を、こちらでちょくちょく更新しようと思います。
1ヶ月更新しないと、スポンサーサイトになって、広告記事になってしまうんですよ・・・

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

オーレンカ

2009/11/13 (Fri) 07:01 | EDIT | REPLY |   

千年松  

追伸

お礼返しに追伸:
文章も素晴らしいが、写真も素晴らしい。
文章はその美学と行動性が、写真は風景と猫ちゃんが。

はじめに行動があった。アンドレ・モロワ

2009/11/15 (Sun) 10:47 | EDIT | REPLY |   

オーレンカ  

あ・・ありがとうございますっ

そんなに言っていただいて、恐縮です。
ありがとうございます。
以前、写真を撮るのが大好きで、凝っていた時期もあったんですが、最近はあまり写真を撮らなくなりました。
肉眼で見て、記憶に焼き付けるほうが、あとに残る気がして。

写真を撮ると、なんだか見たような気になって、その瞬間を大事にしないような気がすることがあったものだから。
でも、猫ちゃんだけは、あとで写真で見てほっとするから、やっぱり写真に収めておきたいんですよね。

2009/11/15 (Sun) 21:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い