FC2ブログ

自由帖

ARTICLE PAGE

音楽の基礎

音楽の基礎 (岩波新書)音楽の基礎 (岩波新書)
(1971/08)
芥川 也寸志

商品詳細を見る


昨日の昼間は時間があったので、神保町の古本屋さんを訪ねた。
友人に、古賀書店という音楽専門店を紹介してもらって、早速行ってみた。
店頭で、芥川也寸志さんの『音楽の基礎』をワゴンセールで200円でゲット!

一見難しそうな本なのだけど、
音楽の基礎知識のさわりが、馴染みのある音楽を例に
簡潔に書かれていて意外に分かりやすい。

わたしたちの内部にある音楽とは、いわばネガティヴの音楽世界であり、作曲する、演奏するという行為は、それをポジティヴな世界におきかえる作業にほかならない。音楽を聞こうとする態度もまた、新たなネフガティヴの音楽世界の喚起を期待することであり、作り手→弾き手→聞き手→作り手という循環のなかにこそ音楽之営みがあるということは、遠い昔もいまも変りがない。積極的に聞くという行為、そして聞かないという行為は、つねに創造の世界へつながっている。
 この創造的な営みこそ、あらゆる意味で音楽の基礎である。

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い