FC2ブログ

自由帖

ARTICLE PAGE

思い出あれこれ

ドイツから帰って3日目。思いっきり時差ぼけです。
今日は昼の2時半に起床。ドイツでは朝の7時半。
体はまだドイツ仕様です。とんでもない時間に夜食食べたりしてます。

昨日は大学での仕事だったのですが、しんどいな~と思いながらいきました。
でも、1年生が可愛くて可愛くて、疲れを忘れました。
アルファベットを読むのも一生懸命です。
半分面白がって、ウムラウトとかエスツェットとか、やたら本気。笑
ほんと、可愛いです。

****

今日は一仕事して、休憩がてら音楽を聴きました。
先日、ベルリンで再会した友達にもらったCDです。

080510_1811~0001


去年のクリスマスの頃、”Ten of the Best”というトランペッターのバンドが日本公演をしました。
広島にも来て、私も見に行きました。
ドイツを中心に活動しているバンドです。
超一流のトランペッターのバンド。
曲はクラシックからジャズからポップスまで実に幅広く、
アレン・ヴェズッティさんのアレンジは天才的です。
ビッグバンド風の曲調でかっこいいです。
生で聞いたあの臨場感は味わえないけれど、
センスがよく、バリエーション豊かな曲と、美しいトランペットの響きを存分に楽しませてくれます。
”My funny Valentine”のように、しんみりせつない気分にさせるナンバーもあります。

ベルリンにいる時に、悲しいお知らせがありました。
そのメンバーの一人であるラリーさんが2月に亡くなったのです。
彼の突然の死がもたらした悲しみを、メンバーの方々もまだ乗り越えられていません。
それはそうでしょう。
その方と私は楽屋で少し話をしただけだったけど、
赤ら顔でニコニコ陽気なあのおじさんはとても印象に残っていました。
だから、とてもショックでした。
「ラリーは、CDの中で”My funny Valentine”でソロを吹いてるよ」
「ツアーで来日していたとき、ラリーがあと2ヶ月しか生きないなんて、誰が想像できただろう」
と友人は言葉を詰まらせました。
いつかは誰にでもやっくることだけれど、
やはりそれを受け入れるということは難しいことです。
普段、ずっと人生が続くかのように感じて生きてるけれど、
いつまで生きるられるのか、本当に分かりません。
だからこそ今を大事に生きようと、あらためて思いました。
それが結局は明日を大事にすることになるのでしょう。

****

Rudiという私の友達(と言っても、すでに年金生活に入っている方ですが)もそのメンバーです。
とても陽気な人で、話し出すと止まりません。
この人のトランペットと音楽にかける情熱には、ただただ尊敬するばかりです。
何かを愛している人は素敵です。
奥さんは日本人で、とてもラブラブです。
こういう夫婦になりたいな~
「ヨーコがいなければ、僕はこんなに幸福にはなれなかった」だって。
こういうことを日本で言うと「のろけちゃって」みたいに受け取られそうですが、
ドイツでは普通です。
だから、人前でキスも平気だし。
いい文化ですよね。人は人って感じで。
帰りの飛行機でも、斜め後のカップルが何時間もキスしっぱなし。
さすがにこれは参りました・・・ちょっとうらやましかったりして。

ドイツへ発ってから3週間と経っていないのに、
もう何ヶ月も前のような気がします。
沢山の思い出ができました。宝物です。

ドイツへ行くと、自分土産にいつも靴を2足くらい買って帰るのですが、
今回は出費がかさんだため、自分には靴一足、KaDeWeの買い物袋(笑)と
そしてそして、バイロイト音楽祭のライブ録音33枚入りBoxを買っちゃいました~!
33枚で50ユーロ!!!
 これです
↓↓↓
Wagner The Great Operas

でも、今アマゾンで見たら、私が買った値段よりも少し安くて軽く損した気分です。

それはいいとして、
昨日から早速聴いてます。
しばらくオペラを生で見るのはお預けになるので、
せめてCDで楽しもうと思います。

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い