FC2ブログ

自由帖

ARTICLE PAGE

2006年メト・ガラコンサート

さすがはメトのガラ・コンサート、蒼々たる顔ぶれでした。
曲もインターナショナルなナンバーがずらり。ジャンルもさまざまでした。

インパクトが強かったのが、バリトンのディミトリー・ホロストフスキー。f0118329_10315661.jpg

私は知らなかったのですが、まだ若そうなのに声といい、品位といい、容姿といい、表現力といい、全てを兼ね備えている感じの歌手ですね。声が本当に美しい。これからは要チェック。
あと、大好きなルネ・パーペ(バリトン)。f0118329_10295049.jpg


彼は見た目がヤクザっぽいですが、声がこれまた美しい。
パーペは、2001年にベルリン国立歌劇場で、クプファー演出の「トリスタン」のマルケ王の役で見たことがあります。
第二幕で浮気を目の当たりにしたマルケ王の猛り狂う姿。
あの人間的なマルケ王は今でも脳裏に焼きついています。
自分の足にすがりつくトリスタンをはねつけ、
その胸ぐらをつかんで憤怒を露わに怒鳴り散らします。
マルケ王だって人間だから、トリスタンに対して怒りを抑えきれないのも当然のことです。
信じていた男に裏切られ、自分の女を取られ、生き恥をかかされることになるのだから。

女性では、ルネ・フレミングとカリタ・マッティラが良かった。
ナタリー・デッセーもいいですね。久々に聴きましたよ、「夢遊病の女」のアリア。
メトでしか不可能な大御所ぞろいの成金コンサートといった印象。

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い