FC2ブログ

自由帖

ARTICLE PAGE

社会に貢献?

博士論文の研究発表があり、
今後の課題も見えてきた。
またこれから進めていこうと気持ちを新たにした。
自分の研究の整理もできたのでよかった。

でも、ある方のコメントは相変わらず直球。
歯に衣着せぬとは、まさにこのこと。

「結局、そんなことして、人文科学という分野で
社会に貢献するんですか。」

と、それがとても気になるご様子。
他の人にも言ってた。
ハイハイ、私は好きだから研究しています、
好きなんです。

でも、文学研究はどこかで、
「人間とは何か」
というまさに人文科学のテーマにつながっていると思いますし、
それはそれとして、一つの意味があると思いますよ、私は。
それが「社会貢献」みたいな大仰な表現に当てはまるかどうかは別にして。

「そんなこと、作者に聞けば一発で分かることじゃないんですか」

と、これには驚いた。笑

あと1ヶ月弱。
う~ん、間に合うか分からないけれど、
やるだけやってみよう。

2 Comments

和尚  

暇つぶし

人文学は今の社会に貢献しません。はっきり断言しちゃってもいいかもしれないですね。
社会が実学を求める限り、貢献することはないでしょう。ただ、アリストテレスが言うように、実学が揃い、余裕が生まれてきたならば、快楽のためでも、生活の必要のためでもない、もっと別の目的のために人文学が求められるのだと思います。
「人文学は社会に(実用的に)貢献するのか」と問うこと自体、今の社会が不幸にも古代ギリシアより遅れているということなのかもしれないですね。
優雅な暇つぶしたる人文学を、あったかく見てほしいものです。
ええっと、長くなってしまった。博士論文、あと一か月、楽しく暇つぶししてください。

2007/10/25 (Thu) 12:24 | EDIT | REPLY |   

オーレンカ  

暇つぶしかぁ~・・・

和尚さん、お久しぶりです!
コメントありがとうございます。

貢献度ゼロかぁ・・・
ま、社会の役には立たないですよねぇ。
それを解明したからって、実際に人間がそれによって享受するものって、たかが知れてますよねぇ。
でも、私は文学がずっとあり続けてきた意味を考えてしまいます。やっぱり、人はそれを必要としたから存在し続けてきたんじゃないかと。
演劇とかオペラとか舞踊とか、そういう芸術の類も、文学と同様に、古今東西、人間が生きているところにはずっとあり続けてきたわけですよね。
ということは、
それなりに、間接的にでも
貢献するものがあるのではないかと。

それとも、暇つぶしが必要だったでことなのかなぁ。
とにかく、あと一ヶ月、楽しみながらやろうと思います。
どうせやるなら、楽しい方がいいですよね。

2007/10/26 (Fri) 14:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い