FC2ブログ

自由帖

ARCHIVE PAGE

archive: 2007年05月  1/1

池田ラジウム鉱泉

家族風呂オンリーのお風呂。温泉ではなく鉱泉なので、湧き出るお水は冷たい。それをかなり熱めにしたお風呂です。家族風呂には、内風呂と露天があります。鉱泉をコップに汲んで飲んでみたけれど、これが何とも言えない。はっきり言って、まずい。しょっぱいような、酸いような。体によさそうな味ではありますけど。このお風呂はできて間もないのでしょう、とてもきれいです。木なんかまっさらです。典型的な三瓶温泉の湯とは様相が...

  •  0
  •  0

小屋原温泉・熊谷旅館

すばらしい温泉でした。濁ったぬるめのお湯、さびついて色の変わった浴槽、外観は大きな旅館ですが、内部は「これぞ秘湯!」という感じです。熊谷旅館には家族風呂が4つあります。この中のひとつに入りました。大きな窓があって、とても明るい。そして、天井が高いから、空間がとてもゆったりとしています。外には川が流れていて、さらさらと音が聞こえます。とってもゆったりとした気分になれて、お湯の効果とあいまって、リラク...

  •  2
  •  0

千原湯谷湯治場

山を越え谷を超えてまずやってきたのは、島根県の千原温泉。外には川が流れていて、これがまたいい雰囲気なのです。千原温泉、これぞ秘湯です。赤茶けた浴槽に、茶色いお湯。35度くらいかな、かなりぬるい。入ってもなかなか体があったまった感じはしません。ただ、すごいのは、お湯がぽこぽこあわ立つのです。ジャグジーみたいな強烈なものではなく、体をくすぐるように、ぽこっぽこっ沸き立ってくるのです。温泉の中には、「地球...

  •  0
  •  0

島根の秘湯3連発

島根秘湯巡りをしてきました。一日に温泉に三つも入るなんてことは初めてです。秘湯もそれぞれよかったけれど、島根に行くまでの山並み、まぶしいくらいの緑、水を張った田んぼに映る空、田園のそばに家がぽつりぽつりと立っている山里の風景、農家のおばあさん、路傍の花…何を見ても癒されます。だからドライブはやめられない。車の中では、『ローエングリン』のハイライトを聞きながら、ハイウェイ風に美しく整備された道を走っ...

  •  0
  •  0

広響のコンサート

No image

とっても満足できるコンサートでした。やっぱり、生の音はいい。演目は以下の通り。ハイドン 交響曲第73番ニ長調 Hob.Ⅰ:73「狩」ハイドン ヴァイオリン協奏曲第1番ハ長調 Hob.Vlla:1モーツァルト 交響曲第36番ハ長調 K.425「リンツ」指揮:秋山和慶ヴァイオリン:池田恵ハイドンはあまり聞いたことがありませんでした。モーツァルトに比べたら、ずいぶんと平板で古風な曲風。でも、それが心地いい。どっしりとしていて、落ち...

  •  0
  •  0

工場跡って素敵

宇品をぐるぐると散策しましたが、素敵な場所がいっぱいありました。オーレンカは宇品を全然知らないので、まだまだ開拓の余地があります。今日見つけた素敵な場所は、この工場の跡地。だだっ広い工場が、そのままの形で放置されていました。もう長いこと、誰も使っていないようです。こういうところで、弦楽四重奏とかジャズとかのライブをしたらとっても素敵だろうなぁ。音響も悪くないんじゃないかと思う。屋根からは自然光がさ...

  •  1
  •  0

スーホルム カフェ @ 宇品

宇品にとっても素敵なカフェがあります。北欧風のオリジナリティあふれる家具が沢山置いてあって、大きな窓からは、海がすぐ目の前に見えて、全部が何だがとってもおしゃれでした。でも、カフェは準備中で、麦茶だけいただいたんですけどね。倉庫を改装したような作りで、中には雑貨やインテリアが置いてあります。見て回るだけでも、なかなか楽しいです。今度はぜひ食事に来てみたいものです。...

  •  0
  •  0

宇品の猫

ドライブも兼ねて、宇品に遊びに行ってきました。海を見に。そして猫を見に。宇品にはプリンスホテルがあって、その奥は海岸になっています。せまいところに、車がひしめき合っていて。広島市内には、海を近くで見れるこういうスポットが少ないのでしょうね。だから、人がわんさか。その点、地元はいいですよ~プライベートビーチ状態ですからね。ちょっと自慢。海の透明度も、宇品の海とは比較にならないほど。プリンスホテルの裏...

  •  0
  •  0

武者小路実篤 『愛と死』

No image

愛と死 / 武者小路 実篤古本屋で買ってきました。タイトルどおり、愛と死をめぐる小説です。ある男女が愛し合っているんだけど、女性の方が死んでしまい、男が悲しむ、それだけです。タイトルもありきたりですが、内容もややありきたり、でもさらっとよめて優しい気持ちになれます。日本語の表現もとてもやさしいです。小説の3分の1くらいは手紙の形式で語られます。そうそ、手紙の終わりに「あなたのおまえより」と女性が書いてい...

  •  0
  •  0

スカラ座の『カヴァレリア・ルスティカーナ』

No image

歌劇《カヴァレリア・ルスティカーナ》全曲オブラスツォワ(エレーナ)、ドミンゴ(プラシド) 他 (2003/11/21)ユニバーサルクラシック この商品の詳細を見る今週は、みんなでマスカーニの「」カヴァレリア・ルスティカーナ』を見ました。総じて、ほぼ全会一致で「ブー」でした。「ブー」の理由はどこにあったのだろう。一つは、内容です。どうも感情移入ができません。トゥリッドゥのダメ男っぷりに、女の子たちは大ブーイングでした...

  •  0
  •  0

ドメーヌ デュ プティ ブルトン

やや期待が大きすぎたか。メルロー50%、カベルネ・ソーヴィニョン50%のグラーヴ産の赤。なかなか香り高い赤だと思ったんですけどね、色は濃い紫でよいのですが、意外に香りがない。「下草の香り」とラベルに書いてありますが、そう言われてみれば、この渋みというかエグみというか、下草っぽいのかもしれない。まあまあ、というところ。こってりした料理の時にはちょうどいいのかもしれない。今宵は、ホロヴィッツのベートーヴェ...

  •  4
  •  0

吾左衛門寿司/燻し寿司

お土産をもらいました。米子名物なんだそうです。一本(1~2人前)1800円超。高いです。ありがとう。おし寿司系でこんなにジューシーなのは初めてです。サバがとにかく肉厚。断面図で見ると、すしの実に半分の量がネタです。一人で一本食べると、お腹にずしんときますから、数人で少しずついただくのがよろしいかと。で、この燻し寿司はお寿司でありながら洋風なので、ちょっと意外な味を楽しめちゃいます。宣伝文句は「モデナ産...

  •  0
  •  0

千光寺の猫

ふてくされたお顔が愛らしかった千光寺の猫。尾道の坂を歩いていると必ず猫に出会える。千光寺を歩いていると、スケッチをしていたオジさんが尾道絶景スポットを教えてくれました。落ちたら死ぬ、っていう感じの絶壁です。そのスポットで、「尾道はこうやってカメラに収めるんだよ」と私のカメラで尾道写真を撮ってくれました。空を1割入れるのがポイントなのだとか。最後に、「どちらからいらっしゃったんですか~」と言われ、観...

  •  0
  •  0

佐藤アキラさんの写真展

若手カメラマンの写真展に行ってきました。尾道を撮るカメラマンはごまんといるけれど、佐藤アキラさんの写真は独特です。視点がとってもユニークで、尾道を見慣れた人間にも新鮮です。この人は、人を取り入れるのが好きなようです。尾道の写真に写っている人たちの表情がなごやかで、それが写真に温かみを与えているのです。佐藤アキラさんは、ヨーロッパでも評価されているそうです。まだまだ若い方なので、将来が楽しみですね。...

  •  0
  •  0

デミオちゃん

車が変わりました。今までの乗っていた三菱のコルトからマツダのデミオに鞍替えです。今までは三菱とホンダしか乗ったことがなく、マツダ車は初めてです。友達のミレーニアを運転させてもらったことは何度かあるのだけど、デミオは初めて。そうそう、ミレーニアはすごく好きな車です。前身のユーノス800の頃から、あのスマートで上品な外観に憧れていました。ちなみにこれ。この色も好き。      ↓「日本版ジャガー」と勝手に...

  •  0
  •  0

二つの『オランダ人』

 ワーグナー:歌劇「さまよえるオ / リッダーブッシュ(カール)、バイロイト祝祭合唱団 他ワーグナー:歌劇『さまよえるオランダ人』全曲オランダ人:トマス・スチュアートゼンタ:グィネス・ジョーンズ ダーラント:カール・リッダーブッシュ エリック:ヘルミン・エッサーマリー:ジークリンデ・ヴァーグナー舵取り:ハラルト・エックバイロイト祝祭管弦楽団&合唱団カール・ベーム(指揮)1971年7月、バイロイト祝祭劇場における...

  •  0
  •  0

ビストロ オーララカフェ @ 鉄砲町

なんだか余裕がなくて、ブログのアップができませんでした。忙しいのはいいことですが、心の余裕をなくすのはよくないですね。ちょっと息抜きもかねて、おいしいお話でも。さてさて、今日は広島で仕事の日でした。久しぶりで楽しかった~疲れるけど、いい仕事の後は気持ちがいいですね。というわけで、仕事の後に知人と夜ご飯を食べに行きました。以前、ランチを食べたことがある「ムーラン・ルージュ」に行ってみるも、今日は花金...

  •  0
  •  0

カバイヴァンスカ・ドミンゴの『トスカ』

No image

歌劇《トスカ》全曲カバイヴァンスカ(ライナー)、ドミンゴ(プラシド) 他 (2003/11/21)ユニバーサルクラシック この商品の詳細を見るトスカ: ライナ・カバイヴァンスカマリオ: プラシド・ドミンゴスカルピア: シェリル・ミルンズ演奏: ニュー・フィルハーモニア管弦楽団指揮: ブルーノ・バルトレッティ合唱: アンブロジアン・シンガーズ監督: ジャンフランコ・デ・ボシオ非常にオーソドックスな演出の映画版『トスカ...

  •  0
  •  0

Hiroshima mon amour

二十四時間の情事エマニュエル・リヴァ (2005/06/24)アイ・ヴィー・シー この商品の詳細を見る ドイツに留学していた時、ともだちがプレゼントしてくれた本。”Hiroshima mon amour”。当時、ドイツ語で読んだ時は、作品の雰囲気がよく分からなかった。「彼」と「彼女」という二人が登場するドラマ、それくらいしか。今日は、この映画版を見ました。邦題は「二十四時間の情事」。1959年の映画で、味わいのある白黒映画。舞台は原爆...

  •  0
  •  0

国民宿舎「仙酔島」@鞆の浦

行ってきました、久々の温泉。鞆の浦からフェリーにのって5分のところにある仙酔島。ここには温泉がいくつもあります。江戸風呂、五色風呂などが有名ですが、海の中にも温泉があるのだとか。すっぽんぽんで海の中に入るのだそうですが、どんなもんなんでしょう。今日は無難に国民宿舎「仙酔島」のお風呂へ行きました。ロビーが混んでいたわりには、中に入ったら私だけ。お風呂を独り占め。後で3,4人入ってきたけれど、落ち着い...

  •  0
  •  0

自由恋愛

No image

自由恋愛岩井 志麻子 (2004/11)中央公論新社この商品の詳細を見る岩井志麻子の長編小説ですが、ホラーではなく、このタイトルからも分かるとおり、恋愛小説です。二人の女と一人の男の物語です。おもしろいのでぱ~っと読めてしまいます。生々しく描写される女心に共感するやら嫌悪するやらで、私が女ということもあって、理解もできるし、私もこうなのかしら…と思ってみたり。かなりどろどろとした恋愛物語なのに、最後が妙にさわ...

  •  0
  •  0

尾道薪能 @ 浄土寺

毎年恒例の行事となった「尾道薪能」に行ってまいりました。物心ついてからお能を見るのは、これが初めてです。浄土寺というお寺の阿弥陀堂が舞台になります。薪能だから、夕方から始まって、終る頃には真っ暗になるのだけど、その雰囲気がまた独特なのです。幽玄。すっかりいい気持ちになってしまいました。会場は超満員、800人以上の観客がいたそうで、薪能への関心の高さを実感しました。しかも、老人ばかりではなく、案外若い...

  •  0
  •  0

リオハ・ヴェガ クリアンサ2003年

No image

先日、イタリア料理のお店で飲んだワインもすばらしかったのだけど、名前を忘れて悔しい思いをしています。もう一回行かなければ!行く理由ができていいことです。さて、今日は自分で買ったワインでは久々のヒット。嬉しいのでブログにup。スペインのリオハは大好きな銘柄のひとつ。2003年のはよく知らなかったのだけど、昨日、思いつきで買ってみたのがなかなかよかった。とっても芳醇な香りで酸味が少なく、重めの深い味わいが素...

  •  0
  •  0

カノーバ・カノーバ

(写真はグルメナビのページから借用。)友達とイタリアンを食べに行きました。川のそばにあるホテル・レガロの2F。このレストランには、川沿いにオープンカフェもあって、夏の夜なんかはとっても素敵です。電車どおり、川沿いに緑のパラソルのおしゃれなテラスがある、アレです。オーレンカはここのレストランが好きで、今日は4回目です。このレストランで気に入っているのは、お魚のカルパッチョや魚介類のサラダの魚介です。魚...

  •  0
  •  0

抹茶のケーキ

とっても簡単な抹茶のケーキを作りました。準備15分、焼きで40分。一時間以内でぱっぱとできてしまう、このお手軽感がいいのです。ふんわりふわふわに出来上がりました。【材料】小麦粉40gコーンスターチ20g抹茶7g砂糖80gホワイトチョコレート2枚バター80g卵3個【つくり方】①卵黄と砂糖40gをクリーム状になるまで混ぜる②チョコレートとバターを湯銭にかける③②に小麦粉とコーンスターチと抹茶を入れて混ぜる④卵白と砂糖40gを混ぜ...

  •  0
  •  0

Yaki鶏iine@西条

No image

さて、GWもいよいよ大詰め。松山に暮らす友達夫婦が来てくれたので、焼鳥屋さんに行きました。ヤキトリーネは西条でも有名な焼鳥屋さんです。照明もほどよく暗くしてあって、ほぼ満席なのに、うるさくなくて、西条の中ではオトナな雰囲気でとても良い。癖になりそうです。3人で14000円也。それほど安くはないのだけど、クオリティが良いので、値段相応と言えるでしょう。レバーのお刺身にユッケ。ぼんじりのこりこりかつこってり...

  •  0
  •  0

BBQ@M邸

au gourmetな日々が続いております。さすがに私の外見にも影響が出てきてます。GWが明けたら、食生活を見直さないと。さて、今日はM邸のBBQに呼んでもらいました。あいにくの曇り空だったので、屋根の下だったのですが、楽しかったですね~。中に一人BBQ奉行がいて、焼きから炒めから、〆の焼きそばまで全部やってくれました。肉にもこだわっていて、ハラミ、白肉、牛モモの美味にとろけちゃいそうでした。タレは我が家でもおなじ...

  •  0
  •  0

10年ぶりに友達に会う@庭の山椒

中学、高校と同じ屋根の下で暮らした友達と会いました。お店は「庭の山椒」。和風のしっとりした感じのお店でした。広島市内のどまんなかにあるとは思えない落ち着いた雰囲気。時がたつのを忘れさせてくれる、隠れ家的なお店です。友達と思い出話に花を咲かせて、八海山を飲みながらいただく季節感たっぷりのお食事。なんと贅沢なのでしょう。お店に行くまで、ドキドキしながら歩いていたら、会う友達のうちの2人に会って、路上で...

  •  0
  •  0

畑仕事二日目

No image

今日も引き続きお百姓です。新たに、ハーブ、なす、お花(名前忘れた)、西洋ねぎ、ラベンダー、シソなどが仲間入りしました。オーレンカ農園はカラフルで、なかなかにぎやかになりそうです。あと、庭に生えていたカモミールも植えました。白と黄色のいろどりがかわいいから。かわいいくせにすごい図太いカモミールはどんどんはびこります。庭に大量にできていて、捨てるのもしのびないので、干してカモミール・ティーにしてみます...

  •  2
  •  0

初めての畑仕事

No image

今日は終日情緒不安定気味で、心身ともに参ってしまいました。そこで、今日は気分転換もかねて、前々からやりたかった畑仕事をやりました。おばあちゃんは結構大きな庭を持っていて、その3分の1くらいが畑なのですが、いろいろな事情で、半年は完全に放置状態でした。草もぼうぼう。なので、今日はまずは草むしり、それから畑作りをしました。鍬で土を耕すなんて、オーレンカにとっては初めての体験。おばあちゃんが鍬の使い方、畑...

  •  0
  •  0